アンケート結果を最大限に活用するための3つのステップ

アンケートの回答を効果的に利用するためには、以下の3つのステップが不可欠です。

  1. データを集計・分析のために適切に整理する
  2. クロス集計を行い、深い分析・解釈を可能にする
  3. 分析結果を視覚的にわかりやすいグラフで提示する

このコラムでは、第一ステップ「データを集計・分析のために適切に整理する」に焦点を当て、アンケート回答の入力時に注意すべきポイントを詳しく解説します。

アンケートのSAとMA: その違いとデータ入力時の注意点

アンケート調査を紙の形式で行う際、回答データの入力は避けて通れないステップです。多くの企業がExcelを活用してこの作業を行っていますが、データ入力の際に特に注意が必要なのが、SA(単一回答)とMA(複数回答)という2つの異なる回答形式です。

以下、具体的なアンケート質問を例に取り上げて説明します。

Q1. 当店について、あなたは全体としてどのようにお感じになりましたか。(1つだけ)

まったくよくないあまりよくないふつうややよいとてもよい
12345

Q2. 当店をどのようにして知りましたか。(いくつでも)

1.インターネットで調べた3.他の人に教えてもらった5.前から知っていた
2.チラシや広告を見て知った4.たまたま通りかかって気づいた6.その他

Q1のような、一つの選択肢のみを選ぶ形式をSA(Single Answer:単一回答)、Q2のような、複数の選択肢を選べる形式をMA(Multiple Answer:複数回答)といいます。

MA回答のデータ入力に注意

データ入力の際、Q1は一人につき回答が1つだけですので、Q1のカラム(列)に回答番号をそのまま入力すれば問題ありません。

一方、Q2は一人につき最大6つまで回答できますので、入力できるカラムも6列用意した上で、それぞれの回答に該当するカラムに「1」を入力していく、といった手間をかける必要があります。

慣れないうちはデータ入力に非常に時間がかかり、いくら注意しても入力ミスは避けられないでしょう。

「紙のアンケートをしているが、集まった回答の入力や集計が面倒」というご相談をいただくことがあります。
当社では、お客様が実施したアンケート用紙をお預かりしてのデータ入力も承っています。迅速、かつ、正確にデータを作成したい方は、お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください044-271-6043営業時間 9:00 - 18:00 [ 土日祝定休 ]

お問い合わせ・ご相談はこちら

はじめてでも上手にできるアンケートの作り方

アンケートの成功の鍵は聞き方にあり!

回答形式や質問の順番など、答えやすさを追求したアンケート作成のコツや、正確な回答を得るためのテクニックを専門家が伝授。

購読者特典:各種アンケートのテンプレート集

ASIN ‏ : ‎ ASIN: B0CVTCVQGM

【関連コラムなど】

【調査手法別】顧客満足度調査
顧客満足度を理解するためのデータ分析手法―クロス集計の活用方法とメリット
顧客満足度を理解するためのデータ分析手法―クロス集計の活用方法とメリット
アンケート/市場調査の作成・集計・分析
アンケートデータのグラフ化ガイド: 最適なグラ