アンケートの成功を左右する「回収率」

アンケート調査の成功を測る指標として「回収率」は欠かせません。これは、アンケートを受け取った対象者の中で、実際に回答を行った人数の割合を示すものです。たとえば、100人にアンケートを配布し、そのうち50人が回答した場合、回収率は50%となります。

この回収率が高ければ高いほど、調査の質が向上し、必要な回答数を得るためのコストや時間を削減することができます。具体的には、50%の回収率であれば100人の回答を得るために200人にアンケートを配布すれば良いのに対し、20%の回収率では500人の対象者が必要となります。これは、コストや時間の大きな差となり、調査の効率性に直結します。

回収率がアンケートの信頼性に及ぼす影響

アンケート調査の信頼性は、多くの要因によって左右されます。その中でも「回収率」は、調査結果の信頼性を保証する上で欠かせない要素となります。

アンケートには「非標本誤差」という誤差が存在します。これは以下のような要因によって生じるものです。

  • 回収率の低さ(無回答誤差)
  • 母集団以外の人が対象者に含まれる
  • 回答モレや誤回答
  • データ処理時のミス

これらの中でも、回収率の低さは特に問題となります。低い回収率は、回答の分布に偏りを生じるリスクを増加させます。たとえば、満足度調査に回答した人は満足している可能性が高く、逆に回答しなかった人は不満足である可能性が高まります。このため、回収率が低いと、実際の満足度が調査結果よりも低くなるリスクが考えられます。

アンケート回収率を高める実践的な方法

アンケートの回収率は、調査の方法や主体、対象者によって大きく変動します。特に民間企業が自社の顧客を対象にした場合、回収率は約20~30%と言われています。

[回収率に影響を与える主な要因]

調査方法郵送、Web、訪問面接など
調査主体公的な調査か否か、依頼者の信頼度など
調査対象者自社の顧客(個人・法人)、従業員、一般消費者など

アンケートへの協力が得られない主な理由として、以下のようなものが挙げられます。

  • 面倒くさい
  • アンケートに気づかない、関心がない
  • 協力するメリットを感じない

これらの課題を解決し、回収率を向上させるための具体的な方法は以下の通りです。

  • 質問の工夫:面倒を感じさせない質問数・内容・レイアウトにする。
  • 回答方法の選択肢:「紙またはWebで回答」など、複数の方法から選べるようにする。
  • 目立つデザイン:紙の色などで目を引く工夫をする。
  • 督促の実施:回答締切りまでに複数回の督促を行う。
  • 謝礼の提供:全員や抽選での謝礼(粗品、ギフト券など)を提供する。
  • フィードバックの実施:調査結果やコメントの内容を参加者と共有する。

これらの方法を取り入れることで、アンケートの回収率を効果的に向上させることが期待できます。

アンケート回収率:顧客関係性のバロメーター

アンケートの回収率は、企業と顧客の関係性の良好さを示す重要な指標となります。特に、顧客満足度調査のようなアンケートでは、良好な関係性を持つ顧客は協力意欲が高く、また、評価も高い傾向があります。不満を持つ顧客にもアンケートに参加して、意見を伝えてもらうようにすることが重要です。
回収率の目安として、自社の顧客を対象とした場合、理想的には50%以上、最低限30%以上の回収率を目指すべきです。

特に、郵送調査のような手法では回収率の低さがコストや手間の増加を招く可能性があります。期待できる回収率が低い場合、必要な対象者数や郵送部数が増えることとなり、それに伴いコストや手間が増加します。

次のセクションでは、この郵送調査の回収率向上策に焦点を当てて詳しく解説します。

郵送調査の回収率を高めるための実践的アドバイス

協力依頼状の工夫

シンプルな内容

回答方法の説明は必要ですが、細かすぎると面倒な印象を与える可能性があるため、シンプルかつ分かりやすい内容を心がけましょう。

署名者の肩書

協力依頼状の署名者の肩書には影響があることが知られています。社長名での正式な依頼文書が理想的です。

協力依頼状と調査票の一体化

協力依頼状と調査票を一体化しても問題ありません。実験結果によれば、一体化しても別々にしても回収率に大きな違いはありません。

事前の通知と督促

事前通知

はがきなどで調査の実施を事前に伝えることもあります。これは、後で届く調査票本体が他の郵便物に紛れて開封されないリスクを低減するための対策です。

督促状の効果

費用や手間を考慮すると、事前の予告状よりも、締切直前に督促状を出すほうが効果的です。

[ポイントまとめ]

  • 社長名の入った正式な依頼文書が理想的。
  • 調査票と協力依頼状の一体型も有効。

発送用封筒の選び方とその重要性

郵送調査の成功には、封筒の選び方が鍵を握ります。日本郵便の調査によれば、DMを受け取り、何も見ずに処分する人はわずか6%。しかし、約3割の人は封筒のデザインや情報をもとに、開封するか否かを判断しています。

DMを受け取って、何も見ずに処分する人は6%という日本郵便の調査結果

このことから、以下のポイントを考慮して封筒を選ぶことが重要です。

信頼性の高まるデザイン

差出人