ブルーオーシャンを求めて【商品開発のための消費者ニーズ探索法】

消費者の潜在ニーズを探る際に、グルインなどの定性的なリサーチをしようとすると、経験豊富で洞察力にすぐれたインタビュアーが不可欠となり、調査費用は高額になりがちです。

本資料では、インターネット調査を利用して費用を抑えながら、消費者ニーズを定性・定量の両面で捉えていくアプローチをご紹介いたします。

【売れる・効くを見極める!】商品・サービス案のスクリーニング調査法

新商品や新サービスのアイデアを前に、「どれが一番顧客に受け入れられるだろう」と悩まれることが多いものと思います。

本資料では、複数あるアイデアの中から最も「売れる」、最も「効く」見込みのある候補を見つけ出すアイデア・スクリーニング調査法をご紹介します。

消費者購買行動もカバーするコンセプトテスト

潜在ニーズの掘り起こしのところから調査をしようとすると時間や費用が結構かかります。

本資料では、発売予定の商品コンセプトについての調査(=「コンセプトテスト」)にU&Aの質問パートを組み込む方法をご紹介します。

顧客満足度調査の導入・活用法

購入時とは異なる利用時の評価基準を理解して手を打っておかないと、どんなに多くの新規顧客を獲得しても、リピーターが一向に増えないという事態を招いてしまいます。

本資料では、リピート顧客を増やすための顧客満足度調査の導入・活用法についてご紹介します。

ESが上がればCSが高くなる業績拡大のためのES調査実践法

従業員満足度(ES)の改善は顧客満足度(CS)の向上にも大きく寄与する重要な経営課題です。

本資料では、顧客満足度調査とともに車の両輪となり、ビジネスの基盤を強化する従業員満足度(ES)調査の実践法をご紹介します。

定期的な健康診断により改善点を早期に発見する患者満足度調査

自覚症状のない身体の異常を早期に発見して健康を維持するには、定期的な健康診断が欠かせません。

本資料では、病院・クリニックの経営における定期健康診断としての患者満足度調査についてご紹介します。

認知度質問をコアとするブランド調査

いま、自社や商品の認知度やイメージがどのようなものなのか、把握されていますか?

本資料では、自社や商品がどのように受けとめられているのか、競争市場における強み・弱みを知るための調査手法をご紹介します。

インターネット調査との併用で互いのメリットが得られる「郵送調査」

郵送調査は「時間がかかる」「回収率が低い」といったデメリットがある一方で、対象者のカバレッジの広さなどの優位性もあります。

本資料では、郵送調査のメリット/デメリットやデメリットをカバーする工夫についてご紹介します。

アンケート調査の効果的な活用方法【マイクロアンケート】

マイクロアンケートは、従来の取り組みに簡単なアンケートをプラスして消費者の目を引き、インパクトを高めて、販促やイベントなどのマーケティング施策の効果を上げる方法です。

本資料では、新規顧客の開拓や既存顧客との関係性強化を目的としたマイクロアンケートの活用方法をご紹介します。

市場調査活用のための基本ノウハウ【調査の基本】

マーケティング担当として市場調査/マーケティングリサーチを利用される方向けに基本ノウハウ集をご用意しました。

A5版30ページほどの小冊子に、リサーチを導入·活用していく上での基本ポイントをまとめています。