情報の海で響く広告を作るための効果測定法

情報が溢れる現代。多くの広告メッセージが埋もれてしまう中、情報リテラシーが高い消費者は企業のメッセージを独自に解析し、自らのネットワークで共有しています。このような消費者の動向をとらえ、効果的な広告戦略を展開するためには、広告効果測定が不可欠です。

本資料では、情報リテラシーが高い層をターゲットに、広告がどれだけ効果的に受け入れられるかを調査する広告効果測定の実施方法についてご紹介します。

資料のハイライト

 ■ 広告効果測定の重要性とその背景
 ■ ステップバイステップの広告効果測定実施法
 ■ 測定指標の詳細とその活用法
  ①受容評価
  ②変容効果
  ③情報行動意向
 ■ 定性情報の活用法とその重要性
など。

ダウンロードはこちら

資料のダウンロードをご希望の方は、下記フォームに情報を入力後、「送信」をクリックしてください。
送信完了しましたら、自動的に資料のダウンロードページにジャンプします。

    お名前 (必須)

    会社名 (必須)

    部署名 (必須)

    メールアドレス (必須)

    ※ご入力いただいた個人情報は、弊社資料をお届けするために利用します。詳細は「個人情報の取り扱いについて」をご参照ください。
     「個人情報の取り扱いについて」に同意のうえ、送信してください。

    資料について、ご不明点やより詳しくお知りになりたいことがございましたら、遠慮なくご相談ください。

    お気軽にお問い合わせ・ご相談ください044-271-6043営業時間 9:00 - 18:00 [ 土日祝定休 ]

    お問い合わせ・ご相談はこちら