そもそも市場調査とは

そもそも市場調査/マーケティングリサーチを実施することにどんな意味があるのか?
今回はノウハウではなく、調査の意義について考えてみます。

市場調査は地図のようなもの

企業にとって、市場調査/マーケティングリサーチは地図のようなものです。そして調査会社は案内ガイドのようなものです。
やみくもに行動しても、結果につながることはまずありません。

調査をすることで、

「満足度を上げる」
「イメージをよくする」
「売り上げを増やす」

など、目的地への行き方が見えてきます。

江戸時代の豪商である三井家の家訓に、

「商いは的(まと)のごとし。手前よく調べるときは、当たらずといふことなし」
(商売というのは矢の的のようなものである。こちらがよく調べて臨めば、必ず当たるのだ)

という言葉があります。

これはまさに市場調査のことで、ビジネスにおいては、事前に十分に調査をしておくことが極めて重要であることが説かれています。

市場調査を実施する理由

市場調査を実施することで得られるメリットは大きく以下の3つになります。

人々が求めるニーズの把握ができる

顧客のニーズを把握することができれば、より消費者に合った商品やサービスを提供することができます。
そうすれば、消費者に選ばれやすくなり、使い続けてもらえる可能性も高くなります。その結果、継続的に利益を上げるベースができてきます。

調査をしたからと言ってすぐに売り上げが上がるわけではありませんが、売り上げを増やしていくベースづくりに調査が役立ちます。

目に見えないものを数値で表すことができる

目に見えない満足度も数値というわかりやすい形で社内に共有されることで、「この部分を改善して80%を目指そう」など、経営層と実務レベルとのベクトルを一致させ、全社一丸となって対策を進めることができます。

また、「友達にもすすめたいが98%!」など、わかりやすい数値は消費者にも伝わりやすく記憶にも残りやすいため、広告などのコミュニケーションにおいて効果的な情報になります。

客観的な実証データを得ることができる

市場調査から得られる客観的な実証データは、マーケティング戦略の策定、実行、再修正というPDCAサイクルのさまざまな局面で重要な示唆をもたらします。蓄積したデータを分析して思うように売れなかった理由を探り、次の機会に活かします。

そうすることで、失敗のリスクを低減し打ち手の成功確率を高めることができます。

リサーチをする理由

たとえば、10本中1本の当たりがあるくじでハズレを引く確率は9/10です。調査で当たりくじの候補を5本、4本、3本、2本と絞り込んでいくことができれば、ハズレを引く確率は4/5、3/4、2/3、1/2と低く=当たりの確率が高くなります。
的を絞ることで、失敗するリスクを低減することができるわけです。

的を絞ってリスクを低減する

その市場調査に仮説はあるか

もし、実施した調査から思うような情報を得ることができなかったとしたら、集計や分析のスキル以前にそもそもの調査精度が低いのかもしれません。

たとえば、「満足度を上げる」「認知を高める」などの調査課題=目的地を設定したら、得られる調査結果を予想して講じるべき対策についての仮説まで用意します。

そのうえで、図表などのアウトプットイメージや調査結果の社内展開方法などを検討していくようにすると、誰に何をどのように聞くのかといったアプローチ方法や必要なサンプルサイズなど、「使える」調査の形が決まっていきます。

正確な詳しい地図を描くには、一度視野を広くとって、客観的な第三者である市場調査の専門家を活用しながら、全体を俯瞰してみることが有効です。

その市場調査に仮説はあるか?
調査を有意義なものにするためには「仮説」を強く意識して考えることが重要です。

市場調査実施ノウハウ

市場調査の実施ノウハウについては、以下のページでご紹介していますので、あわせてご覧ください。

調査企画・設計

実は簡単 ポイントをつかめば問題は解決出来る。~問題解決に役立つ調査手法まとめ~
はじめてのリサーチ~市場調査活用の第一歩
アンケートに必要なサンプルサイズ(人数)はどうやって決める?【便利な計算ツールもご紹介】

調査票設計

上手なアンケート作成のコツ~答えやすい質問はより答えやすくし、答えにくい質問にも正直に答えてもらう方法

実査

インターネット調査を上手に実施するポイント
郵送調査を上手に活用するための7つのポイント~成長する会社の調査活用方法

集計・分析

データ活用の第一歩~アンケートの集計方法
マーケターのためのリサーチ分析術~因子分析の巻
マーケターのためのリサーチ分析術~クラスター分析の巻
マーケターのためのリサーチ分析術~コレスポンデンス分析の巻
マーケターのためのリサーチ分析術~重回帰分析の巻
定性・定量テキスト分析のすすめ

調査活用支援サービス

マーケティング強化支援サービス