はじめに

近年、調査手法は大きく変化しています。かつては郵送や紙を中心とした方法が主流でしたが、デジタル変革の進展により、Webやデジタルツールが前面に出てきました。この変化の詳細は、「デジタル変革の中のアンケート:Web化のメリットと実践ガイド」で3つのタイプに分けて解説しています。

調査手法を選ぶ際、単なる「郵送かWebか」の二者択一では十分ではありません。「郵送調査~Web回答併用で顧客対象調査の効果を上げる」では、郵送調査のメリットとWeb回答の利便性を組み合わせた方法が詳しく解説されています。

なお、対象者や状況によっては、Webの手軽さが逆に不適切と受け取られることもあります。特に、高齢者やBtoBの法人顧客には伝統的な郵送調査が適しています。これらの層に対しては、今後も、デジタル化が進む中で、郵送調査を基本とし、Web回答をオプションとして追加する形が最も効果的であると考えられます。

このページでは、こうした背景を踏まえ、郵送調査の成功の秘訣や効果的な実施方法についての具体的なノウハウを詳しく解説します。

郵送調査のメリットとデメリット

メリット

  1. 広範な対象者へのアプローチ: 幅広い地域や年齢層にアクセス可能。
  2. コスト効果: 一般的に、対面式よりも費用が安い。
  3. 率直な意見の取得: 自分のペースで回答できるため、率直な意見が得られる。
  4. BtoB調査向き: 企業が組織として回答を検討し、記録として残すことができる。

さらに、紙に手書きで回答することのメリットとして、以下の各点を挙げることができます。

  1. 温度感: 紙のアンケートでは、筆圧や文字の大きさ、丁寧さなど、手書きの特徴から個性や心の状態が表れる。
  2. より深い理解: 上記のような情報から、回答者の感情や思考過程をより深く理解することができる。
  3. 脳の活性化: 手書きにより脳の前頭前野が活性化され、分析者も回答者の思考過程をたどることで脳が活性化される。

デメリット

  1. 質問構成の難しさ: シンプルかつわかりやすい質問構成が必要。
  2. 調査設計のクオリティ要求: 高品質な調査設計が求められる。
  3. レイアウト上の制約: 紙のアンケートでは設問の作り方にレイアウト上の制約がある。
  4. 印刷の手間とコスト: 印刷に時間がかかり、さらに印刷コストが発生する。
  5. データ入力の手間: 紙のアンケートの回答をデータ化する際に、手間がかかる。

加えて、Webアンケートとの比較において、以下の点を郵送調査のデメリットとして指摘することができます。

  1. 回答の手軽さ: Webの方が手軽に回答でき、アンケート協力率を高めることができる。
  2. 回答収集のスピード: 一般的に、Webの方がスピーディーに回答を集めることができる。

郵送調査がWebアンケートに勝るケース

Webアンケートも自記式調査の一つですが、特定のケースでは郵送調査が有利です。たとえば、インターネット環境を持たない高齢者を対象とする場合や、オンラインショッピングの利用率、情報源としてのSNSの参照割合など、インターネット利用の有無が結果に影響するテーマに関する調査の場合には、郵送調査が適しています。

郵送調査の課題とその解決策

郵送調査には以下の3つの主な課題がありますが、それぞれの課題に対する解決策をご紹介します。

  1. 回収率を上げる
  2. 実査コストを抑える
  3. 答えやすい調査票にする

1. 回収率を上げるための工夫

【ポイント】お礼兼督促状を送る

調査に協力してくれない人の多くは、拒否というよりも単に無関心にすぎないと思われます。調査開始後1週間程度経って回収状況が思わしくない場合には、督促を行って調査への関心を再度促すのが効果的です。

当社の経験に照らすと、平均的には10%程度の回収率アップが期待できます。その際、既に調査票を返送してくれた人とそれ以外の人を選り分けて督促状(ハガキ)を送るのではなく、調査協力のお礼を兼ねた文面にして全員に送付する方式をおすすめします。

お礼兼督促状の例
お礼兼督促状の例。回答のお礼と未回答の場合の協力依頼を併記する。

【ポイント】Webアンケートを併用する

郵送調査とWebアンケートの併用は、回収率を上げるための有効な手段です。

弊社の実績では、郵送調査とWebアンケートを併用した場合、全体の回収数の1~3割がWeb回答となっています。詳しくは、「郵送調査~Web回答併用で顧客対象調査の効果を上げる」をご覧ください。

2. 実査コストを抑えるための工夫

郵送調査のコストは、送付数や使用する資材によって大きく変動します。以下に、コストを効果的に抑えるための具体的な方法をご紹介します。

【ポイント】適切な送付方法の選択

郵送調査の送付方法には、メール便や通常郵便などの選択肢があります。調査票は個人宛の信書として通常郵便で送ることを推奨します。

【ポイント】送付用封筒の工夫

郵送調査の基本的な送付物は、

  • あいさつ状(調査協力依頼状)
  • 調査票
  • 返信用封筒

です。これらを入れて送る送付用の封筒について、角2封筒(定形外)を使えば、A4サイズの調査票を折らずに封入できますし、他の郵便物よりも多少目立たせることができるかもしれません。

ただ、郵便料金を考えると、できれば定形の長3封筒を用いたいところです。長3封筒でも、調査主体と内容物を明記し、封筒の色も目立つようにすれば、他の郵便物に紛れてしまうのを避けることができます。現在の郵便料金や適切な封筒のサイズについては、以下の一覧表を参照してください。