市場調査で購入の決め手や重視度を聞く方法

市場調査で購入の決め手や重視度を聞く方法

商品やサービスの購入に際して、消費者は何を決め手として、どの程度重視しているのか把握していますか?

今回は、購入の決め手やそれぞれの決め手の重視度合いを知るための調査方法をご紹介します。

購入の決め手や重視度の聞き方

市場調査で、商品やサービスの購入に際して重視するポイントを聞く場合、主に以下のような方式があります。

購入時重視項目についての質問方法

購入の決め手を特定したいのであれば①のSA方式を、購入の際の検討ポイントを一通りおさえておきたいのであれば②のMA方式を利用することになります。

しかし、SA方式では価格の割合が圧倒的に高くなりがちである一方で、MA方式では相対的にはマイナーな検討ポイントの割合が肥大化してしまう傾向があります。
また、③の恒常和法の方式には、普段無意識に行っている比較検討行動を数値に分配するところに無理があり、回答の難しさを感じる対象者も少なくありません。

【購入時重視項目質問のデメリット】

購入時重視項目についての質問方法のデメリット

購入ドライバー質問

購入時の検討ポイントを一通りおさえたうえで、何が決め手なのかを特定し、どの程度の重要度があるのか知りたいとの要求に応えるのが購入ドライバー質問です。

購入ドライバー質問では、まず購入時の検討ポイントをすべて選んでもらいます。
次に、検討ポイントのうち最も重視するものから順に重視度合を0~100点のスケールのスライドバー方式で評価してもらいます。

購入ドライバー質問では、以下の例のように、SA質問ほどには価格が突出することなく、MA質問ほどには横並び感がなく、メリハリの効いた分析結果が出てきます。

購入時重視項目についての質問方法のデメリット

商品の開発やリニューアルに際しての市場調査の実践法について、弊社のリサーチサービスのページで詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。