調査結果を見るときのポイント〜「信頼区間」

調査結果は、多くの場合、全体に占める該当者の割合を示したパーセントの数字として報告されます。

たとえば、広告の調査で、全体の35%の対象者が「たいへんよい=トップ・ボックス」と答え、45%の人が「よい=セカンド・ボックス」と答えた場合のトップ2ボックス・スコアは80%ということになります。

問題は、どの程度の信頼度をもって、「全体の80%の人が、(少なくとも)よいと考えている」と言えるかということです。

この信頼度の問題は、「母集団の規模」「調査の対象となったサンプルの規模」、そして「トップ2ボックス・スコアのレベル」によって左右されることとなります。

下の表に示すように、母集団の規模が極めて大きい場合には、調査対象者(サンプル)が61人いて、トップ2ボックスの評価をした人が80%であれば、95%の信頼度(*)をもって、「母集団のスコアは、70%~90%の間にある(信頼区間=±10%)」ということができます。

* 95%信頼度とは、具体的には「100回同じ調査を繰り返した時、95回までは、信頼区間の中に母集団の比率(スコア)が入ることを意味します。

もし、調査対象者が246人いた場合には、同じく95%の信頼度のもと「母集団のスコアは、75%~85%の間にある(信頼区間=±5%)」ということができます。

サンプルサイズが大きくなればなるほど、信頼区間が狭まる(言い換えれば、調査結果の精度が増す)ことになります。
また、信頼区間を一定以上に保つためには、トップ2ボックスのスコアが50%に近づけば近づくほど、大きなサンプルサイズが必要になります。

95%の信頼度のもとでの信頼区間早見表

なお、ご参考までに、サンプルサイズをn=500とした場合の、ざっくりとした信頼区間は以下の通りです。

サンプルサイズがn=500の場合の、信頼区間早見表(95%信頼度)