「どちらともいえない」は難しい問題

調査でよく使われる評価方法に、「リッカート尺度」があります。
「そう思う」~「そう思わない」のように多段階の選択肢を並べて、あてはまるものを選んでもらう方法です。

ここで問題になるのが、選択肢に「どちらともいえない」を含めるかどうか?です。

○ 態度があいまいな人用に「どちらともいえない」を含むほうがよい

× 白黒ハッキリさせるために「どちらともいえない」を含めないほうがよい

の2通りの立場があり、

「どちらともいえない」を回答選択肢に含めるかどうかは、「どちらともいえない」のが実情

と言われるほど、意見が分かれています。

「どちらともいえない」を選ぶ4つのパターン

そもそも「どちらともいえない」を選ぶ人は、4パターンに分類することができます。

1. 中間的な立場「どちらともいえない
2. 関心が薄い「どちらでもよい」
4. 理解不能/判断不能「どちらかわからない」
4. 判断負担・リスク回避「どちらかを選びたくない」

「どちらともいえない」を含んだほうがよいケース

選択肢に「どちらともいえない」を含まない場合、「どちらともいえない」や「どちらでもよい」人は、「白黒」いずれかの方向に分かれるわけですが、実際の気持ちは限りなく「グレー」に近いはずです。

また、「どちらかわからない」や「どちらともいいたくない」人は、本来は「わからない/答えたくない」の選択肢に収まるべき人たちであり、この人たちを強制的に「白黒」いずれかに仕分けると、回答の誤差が大きくなってしまうおそれがあります。

さらに、「どちらともいえない」を選びやすい人たちがいるようにも感じています。いろいろな調査でセグメンテーション分析をすると、必ずと言っていいほど、何事に対しても中間的な回答をする人たちのグループが現れてきます。

「○○派」というような旗印がない人たちですので、「無関心層」と名付けられたりしますが、この「無関心層」がだいたい2割前後出現します。
「白黒」いずれかに仕分ける場合、本来であれば「どちらともいえない」を選ぶであろう「無関心層」がキャスティングボードを握ってしまう危険性があります。

従って、購入意向のような将来の「つもり」を答えてもらう場合には、「どちらともいえない」を含むほうが確かな意向を把握することができるでしょう。

工夫次第で「どちらともいえない」なしでもOK

安易に中間的な回答が選択されないように、「どちらともいえない」を含まないのもありです。

その場合には、「わからない」も選べるようにしておけば、例えば、過半数の質問で「わからない」を回答しているなど、「わからない」を回答する傾向が高い人は「棄権」したとみなして、サンプルから除くことができます。

満足度などの評価をしてもらう場合は「どちらともいえない」を含まない変形5段階評価方式にすると、満足度のレベル別に詳しく分けてみることができます。

基本的に、調査票設計に「正解」はありません。というか、調査をする前に「正解」を知ることはできません。
しかし、利用目的に照らして、できるだけ無理なく自然な反応を引き出すには、どういった聞き方がよいのか?を考えていくことで、少しでも「正解」に近づいていくことができます。

プロによるアンケートの作成・分析サポート

上手なアンケートの作成や面倒なデータ入力、専門知識・ツールが必要な集計・分析など、難しいことやわからないことは経験豊富な専門家にご相談ください。