「市場調査の勉強をするのにおすすめの本はありますか?」

と聞かれることがあります。

市場調査/マーケティングリサーチのことを学べる本はたくさんあって選ぶのが難しいほどです。
しかし、多くはリサーチャー向けで「クライアント」の立場の人にとっては、必須とはいえないこともたくさん書かれているように見受けています。

書店に並んでいるリサーチ教本は、リサーチの全体像を理解している人が必要な時に必要なところを参照するにはよい内容なのですが、まず必要なのはその「全体像」の理解でしょう。
調査は「どんな時に使えるのか?」、調査で「どんなことができるのか?」「どんなことをしてはいけないのか?」、つまりは調査の「使い方」と「使用上の注意」を理解しておけば十分で、あとは必要に応じてその都度新しいノウハウを追加していくのが効率的で上手なやり方のように思います。

ちょうどよい本を見つけることができませんでしたので、市場調査会社の視点で、今、仕事で調査を利用している人やこれから調査を利用しようとうする人がおさえておくとよいと思う、「使える」調査についての基本的なポイントをまとめた本を書きました。

調査の基本: 市場調査会社が書いたクライアントのための市場調査の参考書

調査の基本

市場調査会社が書いたクライアントのための市場調査の参考書

【主な内容】
はじめに
1.市場調査が必要になるとき
2.市場調査を実施するとき
3.市場調査のデータを使うとき

Kindle Unlimitedなら無料で読めます。
ASIN ‏ : ‎ B09WYLL1YH

この本は、「クライアント」として市場調査を利用される方向けのものです。
※自分自身でリサーチをしたい方用のものではありません。別の分厚い本をお探しください。

第1部で市場調査をすることの意義や目的を確認した後で、第2部では的外れな調査をしないためのポイントを整理し、そして、第3部ではリサーチデータを活用する視点を紹介しています。

本書を読んだからといって、自分で調査票をつくったり、高度な統計解析ができたりするようになるわけではありませんが、調査会社の提案やアウトプットの良し悪しを判断して、調査から読み取れる情報が自社のビジネスにどの程度有益なのかを把握するのに必要な知識を得ていただけるものと思います。

本書が、ビジネス上の問題を解決し業績を拡大していくための市場調査/マーケティングリサーチの導入・活用に際して、少しでもご参考になりましたら幸いです。

市場調査/マーケティングリサーチのグルーブワークス

【経験豊富なリサーチャー陣】

私たちの引き出しの中に、貴社のニーズにこたえる専門ノウハウがあります。