2021年は、長引くコロナ禍でオンライン商談やテレワークが定着し、9月にはデジタル庁が発足するなど、本格的な「DX元年」となりました。

中小企業がDX推進に期待する主な効果は「販売促進」と「顧客管理」だそうです。
そこで、最優先で取り組むのが販売情報を含む顧客管理データのデジタル化です。

デジタル化した顧客データには、様々の情報を追加してリッチな顧客データベースへと仕上げていきます。
この時、顧客情報の収集にアンケートを活用することができます。

既存客向け販促DM+マイクロアンケート

顧客とのつながりを強化して「○○○のかかりつけ医」のような立ち位置・存在を目指している企業におすすめの施策です。

顧客宛のDMに、商品・サービスの購入・利用状況についての数問程度のアンケート=マイクロアンケートを追加して、集客と同時に顧客情報の追加収集を行います。

購入・利用状況についての質問項目例…○○○は自社の商品・サービスのカテゴリーを表します。

アンケート調査

 所有・利用している○○○の種類や数量
 ○○○の購入・利用に使う金額
 一番最近、〇〇〇を購入・利用した時期
 次回、〇〇〇を購入・利用したい時期
 ○○○の購入・利用する際の決め手
 ○○○についての情報源

アンケートの手書き文字は簡単にテキストデータにできる

来店時に回答を記入したDMを持参してもらうようにすると、既に保有している顧客情報に上記のような新たな情報を追加して、お得意様の「カルテ」を作っていくことができます。

アンケートの手書き文字はスキャンして画像データ化すれば、google driveなどのサービスを使って簡単にテキストデータに変換できます。

Webアンケートで面倒なくデジタルデータを収集

さらに、DMにアンケートサイトのQRコードを掲載してWeb上で回答してもらうようにすれば、画像データ化やテキストデータに変換する面倒がありません。

アンケートの最終画面で割引クーポン送付用にメールアドレスを入力してもらうのもよいでしょう。
DMからメルマガへ、販促からリレーションシップ戦略へと新たな施策への展開可能性が広がります。

マイクロアンケートは、従来の取り組みに簡単なアンケートをプラスして、販促キャンペーンなどのマーケティング施策の効果を上げる方法で、工夫次第でほとんどコストをかけずに実施することができます。

専門家としてお答えします

右も左もわからないまま、あれこれと情報収集しても正しい情報にたどり着くことは難しいです。
わからないことは詳しい人に聞けば、無駄な遠回りがありません。
「ここがわからない」「あんなことを知りたい」など、漠然としたもので構いませんのでご相談ください。
市場調査の専門家として「こういう方法がありますよ」と道案内いたします。