ブランド調査

ブランド調査
認知の中身を調べる

認知の中身をしっかりとおさえておかないと、市場認識とかけ離れた広告をしてしまって、自社のイメージアップに結び付かないばかりか、最大手の競合を利することになってしまいます。認知の中身を把握する調査方法を説明します。

ブランド調査
店舗ブランディングと満足度

会社が成長し、店舗数が増えてくると提供するサービスの品質管理が課題となってきます。お店に訪れるお客様の満足度調査を多店舗管理ツールとして活用することができます。

ブランド調査
購買につながるブランド連想

ブランドの資産的な価値であるブランド・エクイティは主に「ブランド認知」「知覚品質」「ブランドロイヤリティ」「ブランド連想」の4つの要素に分けられます。「ブランド連想」は、競争優位をもたらす強みを見つけてブランドを強化するために必須の要素です。

ブランド調査
ブランディングで最も重要な認知度指標「純粋想起」

ますます難しくなってくる認知度の獲得 最近はインターネットやSNSなどを活用することにより、企業側も工夫次第であまりお金をかけずに広告・プロモーションを行えるようになってきました。 とはいえ、日々大量の情報に接する消費者 […]

ブランド調査
ブランディングのスタート地点に立つ~「ジョハリの窓」を活用したブランド理解のアプローチ

今回は、「ジョハリの窓」を活用したブランド理解のアプローチについての話です。 「ジョハリの窓」は自己分析フレームワーク 「ビジネス上の問題解決に役立つ分析ツールをあげてください」と聞かれた場合、経営企画やマーケティングな […]