成長する会社に必要な「マーケティング・インテリジェンス」

新型コロナウィルスの感染拡大で、私たちのライフスタイルや価値観が大きく変化しました。

大手企業は、消費行動の変化を的確にとらえたマーケティング戦略を実行するため、消費者のニーズを調査・分析する市場調査/リサーチの活用を積極的に進めています。
自前のマーケティング部門や調査部門を持たない企業が、大手のように事業拡大にリサーチを活用するために必要なのが「マーケティング・インテリジェンス」です。

今、求められるマーケティング強化

多くの日本企業の経営課題として「マーケティング力(をつけて、強化すること)」があげられます。
マーケティングに力を入れて、ブランド戦略による差別化をすすめ、顧客のニーズに合ったサービスを提供していくことが課題となっています。

そこで有効なのが市場調査/マーケティングリサーチです。
リサーチをしてターゲット顧客のニーズを理解することで、マーケティング上の意思決定/打ち手の精度が高まります。
そして、リサーチをPDCAに組み込むことにより、期待した成果がでなかった場合にも失敗の原因を特定し、成功法則の確立に近づいていくことができます。失敗するリスクを避けることが成功への近道です。

しかし、多くの場合、大手企業のようなやり方で調査をしてもなかなかうまくいきません。

マーケティング力の強化が求められる理由

マーケティング強化はニッポンの課題

欧米に比べ日本の生産性は低く、G7加盟国の中で最下位です。
経済産業省では、アメリカやイギリスに比べ日本はマーケティングやブランドへの投資が少なく、そのためにサービスの質に見合った価格設定ができていないと指摘しています。マーケティング力強化は、中小企業に限ったことではなく、大企業を含む日本企業全体で取り組むべき課題と言えます。

「無形資産投資額/対粗付加価値額」の日英米比較

マーケティングを行っている方が成長力がある

中小企業の会員を多く抱える東京商工会議所の調査によると、約1,000社のうち専任・兼任にかかわらず社内にマーケティングを担当する部署がある企業は28%です。
売り上げが増えている企業ではマーケティング担当部署がある割合が34%であるのに対して、横ばいでは27%、売上が減少傾向の企業では19%となっています。
マーケティングを行っている企業では、そうでない企業に比べると企業の成長度合いが高い傾向です。

中小企業におけるマーケティング担当部署の有無

さらに、調査では生産性向上に取り組む際の主な問題として「人材」「価格競争力」「営業・マーケティング力」があげられています。
マーケティング力・ブランド力が弱い中では、低価格競争を強いられることとなってしまいます。

中小企業における生産性向上のボトルネック

市場調査/リサーチ活用でマーケティング強化

マーケティング活動のうち、多くの日本企業でほとんど活用できていないのが市場調査/マーケティングリサーチです。

かつてはリサーチには高額の費用がかかり、従ってリサーチは外資や大手企業のものでした。
それが今はインターネット調査の普及により、短期間に大規模サンプルの調査を低コストで実施することができるようになっています。
貴社も、ターゲットとする消費者/顧客について一歩踏み込んでリサーチをし理解をすることでビジネスの成功確率を高めることができます。

成長する会社に必要な「マーケティング・インテリジェンス」

しかし、調査ができるマーケティング部門がないところで市場調査会社を使って調査を実施しても、企画が甘かったり、また、数字がグラフになっただけの報告書が出てきて終わりだったりして、調査から事業の答えとなるような重要な情報を読み取ることはできません。

なぜならば、リサーチの結果をビジネスの成長に結び付けていくためには、「調査企画」から「活用・展開」までを見通して調査のプランを立て、集めたデータを意思決定のために使える情報に仕上げる「マーケティング・インテリジェンス」の機能が必要になるからです。

大手企業ではリサーチ部門あるいはマーケティング部門がこの重要な役割を担っています。

中小企業が大手企業のようなやり方で市場調査会社を使って調査をしてもうまくいかない理由

アンケートの分析というと、単純集計やクロス集計で平均を確認したり、特徴的な傾向を読み取ったりすることが多いでしょう。ここまではリサーチ部門がなくてもできます。
「マーケティング・インテリジェンス」機能のもとリサーチを上手に活用している企業では、単に設問間のクロス集計にとどまらず、調査の目的やデータの内容に応じた適切な多変量解析手法などを活用して調査結果をもっと掘り下げたり広げたり、リサーチデータの可能性を最大限に引き出しています。

当社では、リサーチやマーケティング部門のない会社が、リサーチを活用してマーケティング力を強化していくことができるよう「マーケティング・インテリジェンス」機能の面を含めてお手伝いするサービスを行っています。わかりやすく言えば、当社が貴社の調査部になりますという「マーケティング調査部」サービスです。

大手企業では、マーケティング・インテリジェンス機能をもつサーチやマーケティング担当部門がある

DXの推進とも相まって、事業活動を行ううえでリサーチから得られる科学的な実証データを重視する動きは、今後さらに加速していきます。中には、自社の事業領域における消費者の意識実態を調査して市場動向などの分析をまとめ、社名を冠した〇〇総研や△△シンクタンクの名前で積極的に情報発信していくことで専門性や権威性を強みに加えていこうとする動きもあります。

しかし、単発の調査を市場調査会社に外注しても社内にノウハウを蓄積していくことは難しいでしょう。「マーケティング調査部」サービスでは当社のリサーチャーが「半分“中の人”」として協働することにより、「貴社のスペシャリスト」になります。「半分“中の人”」であることが、ノウハウを取り入れてインテリジェンス機能を高めていくうえでの重要なポイントです。

当社は「人」を相手にする調査の専門家です。「人」を相手にする調査は教科書通りにはなかなかいきません。自分自身が調査の現場に出ていくことでたくさんのフィードバックを得ることができます。
そして、そこから多くを学び、自分なりの工夫を重ねていくことで、「よりよい調査票を設計する」「より切れ味の鋭い分析をする」「より深い解釈をする」といった、「より上手な調査をする」ための引き出しを増やしていくことができます。
問題解決に役立つ調査企画力と、定性・定量の両面から使える情報を引き出す分析力が当社の強みです。

市場調査活用のための基本ノウハウ【調査の基本】

マーケティング担当として市場調査/マーケティングリサーチを利用される方向けに基本ノウハウ集をご用意しました。
A5版30ページほどの小冊子に、リサーチを導入·活用していく上での基本ポイントをまとめています。

市場調査活用のための基本ノウハウ【調査の基本】

ビジネスで市場調査を活用するのに、高度な専門知識やスキルは必要ありません。
市場調査会社の提案やアウトプットの良し悪しを判断できるレベルの、最低限の知識を得ておけば十分です。
リサーチから読み取れる情報が、自社のビジネスにどの程度有益なのかを把握できるだけの知識を得ておくことが何よりも重要です。

「調査の基本」は、クライアントとして市場調査を利用される方向けのものです。

第1部で市場調査をすることの意義や目的を確認した後で、第2部では的外れな調査をしないためのポイントを整理し、そして、第3部ではリサーチデータを活用する視点をまとめています。

<主な内容>

第1部. 市場調査/マーケティングリサーチが必要になるとき
第2部. 市場調査/マーケティングリサーチを実施するとき
 主な調査手法
 「使えるデータ」を引き出すテクニック
 インターネット調査利用時のポイント、など
第3部. 市場調査/マーケティングリサーチのデータを使うとき
 単純集計とクロス集計
 調査結果の信頼度
 多変量解析、など

ご希望の方に郵送でお届けしていますので、以下のフォームに必要事項を入力してください。
※送料を含めて無料です。

    ※ ご入力頂いた個人情報は当社の個人情報取扱規定に基づいて適切に管理いたします。
      個人情報取扱規定に同意のうえ、お申込みください。

    他社との違いを生み出す5つのポイント