「そう、これが欲しかった」を引き出す

「こんな商品が欲しい」がわかるデータがあれば・・・
現状どんな商品がどんな人に売れているか、どういう風潮なのか知りたい


市場と消費者ニーズ、市場における消費行動の理解が、「欲しい」「買いたい」商品の開発につながります。

商品開発の起点となる「市場実態把握」「インサイト探索」「ニーズ理解」は、開発の方向性を定めるうえで特に重要な課題ですが、これらを実施するのは結構大変です。

「市場実態把握」「インサイト探索」「ニーズ理解」から始まる商品・サービスの開発プロセス

U&A(使用実態)調査

市場把握のために行う調査に、U&A(使用実態)調査があります。
U&A調査では、潜在ユーザーを含む市場全体を代表するサンプル(代表サンプル)に対して、商品カテゴリーやブランドの認知・購入状況などについて調査を行います。

自社や競合の商品について、どのような消費者が、いつ、どこで、どのように、どのくらい、どのような理由から、購入しているのか(あるいは、購入していないのか)などがわかります。

U&Aの調査項目やアウトプットの例

市場全体を俯瞰するところから始める大掛かりな調査ですが、インターネット調査の普及によって、以前に比べると、はるかに少ない費用で実施できるようになりました。

消費者のインサイトや潜在ニーズを探るための調査といえば、グループインタビューなどの定性的なアプローチを思い浮かべる方が多いものと思います。
しかし、消費者自身が気づいていないインサイトを探り出すためには、経験豊富なインタビュアーや洞察力のすぐれた分析者が必要となり、調査費用は極めて高額になりがちです。

そこで、弊社ではインターネット調査のモニターパネルを利用したU&A(使用実態)調査をベースとして、消費者の未充足ニーズを定性・定量の両面で捉えていくアプローチを提案しています。

この調査は、市場と消費者ニーズ、市場における消費行動を理解することを目的として実施します。

未充足ニーズを明らかにするU&A調査

「1.市場基礎理解」と「3.消費者行動理解」とで、市場シェアやターゲット層のボリュームなどを量的に把握します。そして、「2.消費者ニーズ理解」では、エピソード記述質問を実施して、消費者ニーズを定量・定性の両面からとらえます。

具体的には、商品・サービスの購入・利用に関することがらのリストを提示して、対象者が現在感じている不安・不満や不都合を選んでもらいます。
そして、対象者が「最も不安や不満を感じたり、困ったりしていること」について具体的なエピソードを交えて記述してもらいます。

エピソード記述質問(例)

これらの情報をもとに、商品カテゴリーの市場規模とターゲットの絞り込みをするとともに、ターゲットとなる消費者が解決してほしい未充足ニーズを明らかにして、消費者に「こういうのが欲しかった!」と思ってもらえるような商品やサービスの開発へと結び付けていくことができます。

スケジュール感

調査の企画段階には少なくとも1~2週間をかけて、モレヌケのない調査票を設計します。そして、調査画面ができあがったら、モニターに調査の案内をします。
目標数の回答を得るのに必要な日数については、出現率が極めて低いターゲットなど特別なケースを除いて、一般的には4~5日を見ておけば十分です。

従って、早ければキックオフから3週間で調査結果の速報値を手にすることができます。
その後は、様々な角度から調査で得た情報を分析して、消費者ニーズを探っていきます。

消費者ニーズ探索調査について詳しくお知りになりたい方は、「お問い合わせ」ボタンからお問い合わせください。

また、消費者ニーズ探索調査についてまとめた簡単な紹介資料(ブルーオーシャンを求めて【商品開発のための消費者ニーズ探索法】)もご用意しています。
以下のボタンをクリックすると無料ダウンロードページが表示されますので、是非ご覧ください。