景気ウォッチャー調査

6月の景気ウォッチャー調査の結果が発表されました。
現状判断DIは前月からプラス9.5ポイントの大幅上昇、先行き判断DIは節目の50を上回りました。
先行きが明るくなったかと思うと感染対策に抑えられる状況の繰り返しですが、今回で最後にしてほしいです。

出典:内閣府「景気ウォッチャー調査」

消費動向調査

6月の消費動向調査の結果が発表されました。
指数は37.4と3ヶ月ぶりに上昇し、コロナ前の水準まで戻ってきました。

出典:内閣府「消費動向調査」

消費者態度指数の4つの指標

消費者態度指数を細かくみると、今まで出遅れていた「雇用環境」が前月比7.3ポイントの大幅上昇です。

出典:内閣府「消費動向調査」

景気動向指数

5月の景気動向指数が発表されました。先行指数、一致指数とも前月より下がっています。
先行指数は昨年5月に底を打ってからずっと上昇していましたが、足元の景気もなかなか回復せず、さすがに息切れしてきたようです。

出典:内閣府「景気動向指数」

家計調査

5月の家計調査の結果が発表されました。
2人以上世帯の消費支出は前年同月比プラス11.6%で、4月(プラス13.0%)より伸びが鈍化しました。
6月はプラスを維持するのも難しそうですし、やはり消費の本格回復はまだ先のようです。

出典:総務省「家計調査」

商業動態統計

5月分の商業動態統計速報が発表されました。
卸売は17.0%の大幅上昇、小売は前月よりやや下がったものの8.2%の上昇です。昨年の5月(卸売:マイナス24.7、小売:マイナス12.5)を底に、6月以降は回復してきていますので、今後どれくらいの伸び率を維持できるかがポイントです。

出典:経済産業省「商業動態統計」