景気ウォッチャー調査

5月の景気ウォッチャー調査の結果が発表されました。
現状判断DIは前月から1.0ポイントの低下、先行き判断DIは5.9ポイントの上昇です。
このままワクチン接種が順調に加速していけば、現状判断も追いついていきそうです。

出典:内閣府「景気ウォッチャー調査」

消費動向調査

5月の消費動向調査の結果が発表されました。
指数は34.1で、2ヵ月連続の低下となっています。

出典:内閣府「消費動向調査」

消費者態度指数の4つの指標

消費者態度指数を細かくみると、「暮らし向き」「収入の増え方」「耐久消費財の買い時判断」はコロナ前の水準まで回復している一方、最も落ち込みの大きかった「雇用環境」は出遅れています。

出典:内閣府「消費動向調査」

景気動向指数

4月の景気動向指数が発表されました。
先行指数、一致指数とも2ヵ月連続の上昇です。
一致指数はもたつくこともありましたが、先行指数は昨年5月に底を打ってからずっと上昇しています。
先行きの景気は思ったより明るいのかもしれませんが、今度はいつまで回復が続くのかが気になってきます。

出典:内閣府「景気動向指数」

家計調査

4月の家計調査の結果が発表されました。
2人以上世帯の消費支出は前年同月比プラス13.0%と、比較可能な2001年以降で最大の上昇幅です。
昨年4月(マイナス11.1%)の反動もあり、5月も2ケタ増が予想されますが、今月は思ったより伸び率が大きい印象で、消費の戻りは意外と力強いかもと期待します。

出典:総務省「家計調査」

商業動態統計

4月分の商業動態統計速報が発表されました。
前年同月比では、昨年の反動もあり卸売(+11.7%)、小売(12.0%)と揃って2桁の大幅プラスとなっています。

出典:経済産業省「商業動態統計」