景気ウォッチャー調査

10月の景気ウォッチャー調査は、飲食・サービス関連の回復に伴い現状判断DIが前月よりプラス13.4ポイントの大幅上昇でした。
先行き判断DIとともに節目の50を上回るのは2018年1月以来のことです

出典:内閣府「景気ウォッチャー調査」

消費動向調査

10月の消費動向調査の結果が発表されました。
指数は39.4と前月から上昇しており、このままコロナ前の水準を維持していけるか、年末年始にかけた消費マインドの盛り上がりに期待です。

出典:内閣府「消費動向調査」

消費者態度指数の4つの指標

消費者態度指数を細かくみると、4指標とも前月と上昇しています。

出遅れていた雇用環境のスコアも順調に回復してきています。

出典:内閣府「消費動向調査」

景気動向指数

9月の景気動向指数は3ヵ月連続の低下で、基調判断も「足踏み」に下方修正されました。思ったより景気回復が鈍いようですが、10月以降は一致指数の上昇が期待されます。

出典:内閣府「景気動向指数」

家計調査

9月の家計調査の結果が発表されました。前年9月がマイナス10.2%と大幅なマイナスだったことを考えると物足りないですが、
年末年始にかけて期待されるリベンジ消費がどの程度の規模になるか見極めたいところです。

出典:総務省「家計調査」

商業動態統計

10月分の商業動態統計速報が発表されました。
小売は対前年比でプラス転換したものの、卸売は低下傾向が続いており力強さに欠ける展開が続いています。

出典:経済産業省「商業動態統計」