シカクいアタマをマルくする質問法

シカクいアタマをマルくする質問法

学習塾大手の日能研が展開している車内広告のキャッチフレーズで「シカクいアタマをマルくする。」というのがあります。

「シカクい頭」からは、確かに固くて融通がきかない感じがします。
一方で「マルい頭」には、なんとなく柔軟で自由な発想がでてきそうなイメージがあります。

市場調査は、その目的によって探索的な調査と検証的な調査に分類することができます。
探索目的の調査では、「マルく」考えてもらうやり方がうまくいくときがあります。

シカクいアタマをマルくする質問法

調査の対象者に、以下のようなテーマと白紙の円グラフが書かれた用紙を渡します。
対象者には、円グラフを自由に分割してもらったうえで、分割理由を具体的に記述してもらいます。

【○○を選ぶときに重視すること】
あなたが○○を選ぶときに重視することとその割合を円グラフに書き込み、理由を教えてください。
(重視することはいくつでもかまいません)

シカクいアタマをマルくする質問の例

満足度や商品・サービスの選び方など、評価や意思決定に際して、どのようなことが、どの程度重視されているのかを探る際に役立つ質問方法です。

また、顧客の言葉で表現された分割理由を読み込むことで、一般的なアンケートでは得ることが難しい顧客の考え方や気持ちを具体的にうかがい知ることができます。

「いきなりバッサリと2分割して、残りの半分をさらに2分割する」
「几帳面に小刻みな分割線を入れていく」

など、分け方を見ているだけでも人それぞれで、「平均的なユーザー」像というのは幻想であると思い知らされることでしょう。

マルいアタマで円グラフを直感的に分割した後で、なぜそんな分け方をしたのかを考えていく中で、分割した本人自身が気づいていなかったような理由がひょっこりと出てくることがあります。

商品開発やコミュニケーションのアイデア出しに参考になるような定性的な情報が欲しい!という場合にオススメです。

シカクいアタマをマルくする質問テンプレート

シカクいアタマをマルくする質問のサンプルをご用意しています。
以下のページからダウンロードできますので、よろしければご利用ください。