日本人の平均口コミ人数〜ライフスタイル調査結果報告

日本人の平均口コミ人数〜ライフスタイル調査結果報告

外国では、「満足したことは4人に伝え、不満足な経験はその倍の8人に伝える」とか「満足は3人、不満足は10人に伝える」など、一般にネガティブな口コミの方が多いという話を目にすることがありますが、日本でどんな感じなのでしょうか?

先日、神奈川県民を対象としたライフスタイル調査を実施しましたので、その結果をご紹介しましょう。

調査で分かったこと(その①)

お店などを利用して口コミなどをしたことがある人が64%

調査には、神奈川県在住の15~79歳の男女合計1,343名の方にご協力いただきましたが、全体の約3分の2の人が「お店などを利用して口コミなどをしたことがある」と回答しています。
「良い点を家族・友人・知人に伝えた」ことがある人が57%、「悪い点を家族・友人・知人に伝えた」ことがある人が52%と、良い点を口コミした人の方がやや割合が高くなっています。
また、「SNSや口コミサイトなどのインターネット上に書き込んだ」人の割合をみると、「良い点を書き込んだ」ことがある人が13%、「悪い点を書き込んだ」ことがある人が8%で、インターネットへの書き込みについても良い点の方が、書き込んだ人の割合が高くなっています。
なお、「お店にクレームを伝えた」ことがある人は18%ですので、サービスなどに不満があった場合、お店に不満を伝えずに、口コミをする人の方が多いということになります。

調査で分かったこと(その②)

良い点、悪い点ともに、4~5人に口コミする

良い点、悪い点を口コミしたことがある人に、口コミする相手の人数を答えたもらったところ、良い点、悪い点ともに4~5人に伝える人の割合が最も高く、平均人数は、良い点については4.7人、悪い点については4.6人で、ほとんど違いはありませんでした。