国勢調査ネット解禁(その2)

国勢調査ネット解禁(その2)

以前の記事で、今回の国勢調査からは全国でインターネット回答が可能となったことをご紹介しましたが、先日、総務省から「平成27年国勢調査におけるオンライン調査の実施状況」が発表されました。
同発表によると9/10(木)~9/20(日)のオンライン調査実施期間中のインターネット回答数は19,175,769件で、前回の国勢調査の世帯数を基に試算すると、インターネット回答率は36.9%になるとのことです。
また、インターネットで回答した世帯の約3分の1はスマートフォンからの回答だったそうです。
都道府県別のインターネット回答率も発表されており、47都道府県の中で最もインターネット回答率が高かったのは滋賀県で48.4%でした。
ちなみに、総務省が実施している通信利用動向調査で「本調査のオンライン(インターネット経由)による回答を希望しますか。」という質問をしているのですが、今年7月に発表された平成26年度調査の結果をみると、滋賀県は、「オンライン回答希望率」が全国第2位(第1位は東京都)でした。

国勢調査ネット解禁(その2)

国勢調査:インターネット回答率(想定):平成22年国勢調査の世帯数に対する平成27年調査のインターネット回答数の割合

※先日の大雨の被害の大きかった地域等についてはインターネット回答が完了していないため、9/26(土)~10/20(火)の期間、紙の調査票と並行してインターネット回答を受け付けているそうです。